本文へスキップ

契約書の作成、チェック(リーガルチェック,審査,修正)、翻訳−契約書専門事務所 【寺村総合法務事務所】

秘密保持契約、共同開発契約のポイント4COMPANY

トップページ目次 > 共同開発契約のポイント

共同開発契約の条項例とポイント

共同開発契約の作成上のポイントについては、下記にその項目のみを掲げます。

@ 定義(対象及び開発の内容。これによって共同開発の範囲が決まるため、重要)

A 共同開発業務の実行手順

B 開発成果の帰属、改良技術の扱い

C 開発成果の企業化、実施に関する事項

D ノウハウ等情報の開示、秘密保持

E 経費負担

F 協議会の開催(ステアリングコミッティ、技術検討会)

G 第三者との共同開発の可否、技術発表の可否




   解説目次へ     次へ→「ソフトウェア・ライセンス契約のポイント」






















バナースペース

寺村総合法務事務所
https://
www.keiyaku-sakusei.net
〒190-0022
立川市錦町6-4-10-306
 TEL042-529-3660
事務所開設:2003年

代表 寺村 淳
 東京大学法学部1985年卒
 新日鉄法務等企業17年
早稲田大学オープンカレッジ講師
 行政書士/宅建主任有資格
Email:legal(at)eibun-keiyaku.net
又は officeteramura(at)beach.dti.ne.jp
 −(at)を@にして下さい